準備して最高の思い出を残そう!七五三行事

子供の成長を祝う行事「七五三」

毎年秋になると神社の境内が華やかな衣装を着た親子連れでにぎわいます。大事なわが子の七五三行事の方々がたくさん、特に土日には大勢みられます。では、七五三とはいったいどんな行事なのでしょう。七五三は子供が7歳、5歳、3歳の時にその成長を祝い、これからの健康を祈る年中行事です。5代将軍徳川綱吉の長男徳松の健康を祈って行われたのが始まりとされ、子供の成長を祝って、家族で神社や寺などに参拝したり、お祓いをしてもらったりします。今は参拝前後に晴れ着のまま写真撮影をする、会食に出かけるなどのご家族が多いようです。

お参りにはいつ行くと良い?

七五三には、子供が何歳の時に行けばいいでしょう。まず女の子は3歳と7歳、男の子は3歳と5歳の時に七五三を行います。昔は数え年の時にお参りをするのが一般的でしたが、今は満年齢でもこだわらずにお参りする方も多く、どちらでも大丈夫になっています。なので兄弟で七五三を一緒に行うことも楽にできますね。11月15日が正式な七五三のお祝いの日とされていますが、今は家族の仕事の都合などで別の日に行う場合も多く、別の日でも大丈夫です。10月、11月の吉日であれば良いでしょう。

七五三に着ていくものは?

七五三というと可愛い子供たちの晴れ着姿が目に浮かびますね。着物着用の場合、3歳は女の子が晴れ着の上に朱色のベストのような「被布」、男の子は羽二重埜締め、5歳は男の子の羽織・袴、7歳は大人と同じように帯を結んだ着物が一般的です。洋装の場合は女の子はワンピースやジャケットスーツ、男の子はスーツが適当でしょう。入園、入学に使えるように洋装で参加される方も多いです。付添いのご両親は父親がスーツ、母親は着物か、ワンピースやスーツが望ましいです。わが子の大切な七五三を華やかに迎えたいですね。

11月15日に七五三のお祝いをするのは有力な説として、江戸時代の将軍徳川綱吉の長男・徳松の健康を願って行われたのが始まりとされています。