お手入れ注意!機械式時計の扱いで注意すべき点とは?

依然として機械式時計の扱いには注意を要する!

独特の風合いで高級感を醸し出す機械式時計。昨今のモデルでは従来弱点だった堅牢性も向上しているので、万人が楽しむことができるアイテムになってきました。しかし、それでもやはり扱いには一定の注意を払わなければならないのが現状です。機械式時計を活用する場合、まずは直接的に故障につながるような重要な注意点を確実に押さえておくようにしなければ、どんな堅牢なモデルであろうとも簡単に動かなくなってしまうこともあり得ます。

機械式時計を故障させる原因で最も多いものは?

機械式時計が故障する要因には、帯磁や衝撃など様々なものがあります。その中で最も多いのが浸水です。何故これだけ多くのモデルが高い防水性を持っているにも関わらず、浸水が故障原因の首位であり続けているのか。それはひとえに、リューズのしまい忘れが主因です。完璧な防水性能を持っていたとしても、リューズを起こせば内部機構がより外部環境にさらされやすくなってしまいます。ゼンマイを巻こうと思ってリューズを起こし、そのまましまい忘れてしまったということが無いように気をつけましょう。

堅牢だからこそ傷がつきやすい!

ステンレスケースに包まれた機械式時計には、やはりどうしても堅牢であるというイメージを持ってしまいます。しかし、固くて剛性がある金属ほど簡単に傷がつきやすいという面があることを忘れてはなりません。汚れがついたからと言ってタオルでゴシゴシと磨くと、それだけで細かい傷がついてしまって印象を悪くさせてしまいます。機械式時計はあまり頻繁に拭かず、時計を外す際にセーム革などのやわらかい布で軽く汚れを落とす程度に留めておきましょう。

グランドセイコーは海外勢が席巻する高級時計の中で、独自のポジションを確立している日本の高級時計です。